23881円,パナソニック,regenttherapycentre.co.uk,露出・半埋込両用形,単3,太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵,BQEF35101H,家電 , 住宅設備家電 , その他住宅設備家電,/golandause1110575.html BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 百貨店 露出 単3 半埋込両用形 23881円 BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形 家電 住宅設備家電 その他住宅設備家電 23881円,パナソニック,regenttherapycentre.co.uk,露出・半埋込両用形,単3,太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵,BQEF35101H,家電 , 住宅設備家電 , その他住宅設備家電,/golandause1110575.html BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 百貨店 露出 単3 半埋込両用形 23881円 BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形 家電 住宅設備家電 その他住宅設備家電

BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 信頼 百貨店 露出 単3 半埋込両用形

BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形

23881円

BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形




【特長】
●NextStage-高機能住宅分電盤。安全、安心をベースに、新しい時代の住宅ニーズを先取りする住宅分電盤。
●太陽光発電システムに対応し、他社エネルギーモニターのセンサーユニットなどに対応するための
センサーユニット用電源ブレーカと収納に適したフリースペース付の住宅分電盤です。
●広い配線孔で、ラクラク施工。背面に大きな配線孔を設けているので住宅分電盤の取り付け位置合わせや、配線の引込みなどがおこないやすい構造です。
●難燃性グレードV0クラスの成形材。非常に燃えにくい成形材(UL規格「V-0」クラス)を使用することにより安全性を高めています。
●渡りバーが不要でネジレス化を実現します。
●汎用性の高い負荷名称カードホルダー。WEBから無償ツールをダウンロードできます。
●連結プラグインで接続信頼性アップ。
●操作しやすいドアカバー2段開閉。
●上部ガタースペースを拡大し、電線サイズの大型化に対応。

【仕様】
●メーカー:パナソニック
●型番:BQEF35101H
●商品名:太陽光発電システム対応住宅分電盤 《コスモパネルコンパクト21》
●社団法人日本配線システム工業会 住宅用分電盤規格適合品
●コスモパネルコンパクト21
●出力電気方式単相3線100/200V用
●センサ-ユニット用電源ブレーカ内蔵
●[単3]主幹:中性線欠相保護付漏電ブレーカABF型(3P3E)
●太陽光発電用連系:サーキットブレーカSH-G型(3P3E)、容量30A
●相線式:単相3線
●盤定格:100A
●回路数+回路スペース+単3分岐回路数:10+1+1
●主幹ブレーカー容量:50A
●2P2E分岐ブレーカ実装数:2
●アース端子実装数:6
●形状:露出・半埋込両用形
●リミッタースペース付、北海道、東北、東京、中部、北陸、九州、各電力管内用
●ドア付
●フリースペース付
●材質:プラスチック製
●色名:ホワイト(マンセル記号10Y9/0.5)
●寸法(mm):H325×W586×D124
●半埋込寸法(mm):H310×W571×D30

【注意事項】
※100V-200Vの切り替えは全回路可能です。(200Vの場合、2P2Eブレーカをご使用ください)
※リミッタースペース付はリミッター電線を同梱しています。
※盤定格電流を超える主幹ブレーカは取り付けないでください。
※センサーユニット用電源ブレーカは分岐上段取付専用品です。
※上記回路数とは別に、太陽光発電用連系ブレーカ30Aを搭載しています。

BQEF35101H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形

NEWS & TOPICS

アンチエイジングとは

元気を享受するというのは、単に寿命を延長し高齢生存者の
カーブの右肩を引き上げることを目的にしているのではないことを
意味している。

長寿の質が重要なのである。

人間としての寿命の質を問題にしている。
また、元気でというのは、たとえ何かの病気をもっていても、
元気で長寿を享受できる状態を意味している。

このためには、たとえ齢をとることによって何らかの病的状態が出現していても、
肉体的にも精神的にも、個人として全体的に“元気であり”バランスのとれた
状態に保たれていることが重要と考えるのである。

詳しく見る