27068円 BQEF87181H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形 家電 住宅設備家電 その他住宅設備家電 27068円 BQEF87181H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形 家電 住宅設備家電 その他住宅設備家電 27068円,露出・半埋込両用形,BQEF87181H,パナソニック,単3,太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵,家電 , 住宅設備家電 , その他住宅設備家電,/kukri1110964.html,regenttherapycentre.co.uk 27068円,露出・半埋込両用形,BQEF87181H,パナソニック,単3,太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵,家電 , 住宅設備家電 , その他住宅設備家電,/kukri1110964.html,regenttherapycentre.co.uk BQEF87181H パナソニック 安心の定価販売 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 半埋込両用形 露出 単3 BQEF87181H パナソニック 安心の定価販売 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 半埋込両用形 露出 単3

BQEF87181H パナソニック 安心の定価販売 春の新作 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 半埋込両用形 露出 単3

BQEF87181H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形

27068円

BQEF87181H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形




【特長】
●NextStage-高機能住宅分電盤。安全、安心をベースに、新しい時代の住宅ニーズを先取りする住宅分電盤。
●太陽光発電システムに対応し、他社エネルギーモニターのセンサーユニットなどに対応するための
センサーユニット用電源ブレーカと収納に適したフリースペース付の住宅分電盤です。
●広い配線孔で、ラクラク施工。背面に大きな配線孔を設けているので住宅分電盤の取り付け位置合わせや、配線の引込みなどがおこないやすい構造です。
●難燃性グレードV0クラスの成形材。非常に燃えにくい成形材(UL規格「V-0」クラス)を使用することにより安全性を高めています。
●渡りバーが不要でネジレス化を実現します。
●汎用性の高い負荷名称カードホルダー。WEBから無償ツールをダウンロードできます。
●連結プラグインで接続信頼性アップ。
●操作しやすいドアカバー2段開閉。
●上部ガタースペースを拡大し、電線サイズの大型化に対応。

【仕様】
●メーカー:パナソニック
●型番:BQEF87181H
●商品名:太陽光発電システム対応住宅分電盤 《コスモパネルコンパクト21》
●社団法人日本配線システム工業会 住宅用分電盤規格適合品
●コスモパネルコンパクト21
●出力電気方式単相3線100/200V用
●センサ-ユニット用電源ブレーカ内蔵
●[単3]主幹:中性線欠相保護付漏電ブレーカABF型(3P3E)
●太陽光発電用連系:サーキットブレーカSH-G型(3P3E)、容量30A
●相線式:単相3線
●盤定格:100A
●回路数+回路スペース+単3分岐回路数:18+1+1
●主幹ブレーカー容量:75A
●2P2E分岐ブレーカ実装数:4
●アース端子実装数:12
●形状:露出・半埋込両用形
●リミッタースペースなし、全電力管内用
●ドア付
●フリースペース付
●材質:プラスチック製
●色名:ホワイト(マンセル記号10Y9/0.5)
●寸法(mm):H325×W552×D111
●半埋込寸法(mm):H310×W537×D30

【注意事項】
※100V-200Vの切り替えは全回路可能です。(200Vの場合、2P2Eブレーカをご使用ください)
※盤定格電流を超える主幹ブレーカは取り付けないでください。
※センサーユニット用電源ブレーカは分岐上段取付専用品です。
※上記回路数とは別に、太陽光発電用連系ブレーカ30Aを搭載しています。

BQEF87181H パナソニック 太陽光発電対応センサーユニット用電源ブレーカ内蔵 単3 露出・半埋込両用形

在庫限りの特別価格!! ダイワ DAIWA 21セルテートSW 10000H

歯科衛生士6つの魅力

国民の健康と福祉の増進に寄与できる歯科衛生士は、やりがいを持って働けるだけでなく、他にもたくさんの魅力があります。

詳しくはこちら

歯科衛生士になるためには

歯科衛生士の資格は、全国にある養成機関で専門知識や技術を習得した後、国家試験に合格することで取得できます。

詳しくはこちら

おしらせ

トピックス

一覧を見る

被災地でお口の健康を守るために

避難生活でも口腔ケアを大切に

水不足やストレスによりお口の細菌が増えると様々な病気の要因となります。日ごろからの備えや災害時の口腔ケア方法などをご紹介します。

私たち歯科衛生士は歯科医師や歯科技工士と連携し、避難所及び仮設住宅等を巡回しています。過去の災害における歯科支援活動のご報告はこちら。

災害時の歯科保健支援演習(DHUGⅢ)は、「どこでも、誰でも、何度でも、簡単にできる災害時歯科保健医療対応の疑似体験ができる研修」です。